酸素BOX(カプセル)

酸素BOX(カプセル)を知っていますか?

現在、地球上のいたるところで大気汚染、環境悪化などによる酸素不足が起きています。数百年前は25%近かった大気中の酸素濃度が現在では平均して21%まで落ちています。更にストレス、不規則な生活習慣、喫煙、飲酒、体力の衰えによって、現代人は慢性的な酸素不足に陥っています。

空気中の酸素濃度が低下することを「酸素欠乏症」と言い、人体が酸素濃度18%未満の環境におかれると生じます。酸素不足は様々な疾患の引き金になる可能性もあり、大変危険です。また、血中酸素濃度が低い人は、痩せづらい体質になってしまったり、疲れが取れにくくなることもあります。

[酸素がもたらす身体への影響]

睡眠

「注目の"睡眠負債"酸素が効率的に睡眠の質をアップ」最近は「睡眠負債」という言葉が広く知られてきました。日々の睡眠が足りないことによって、心身に深刻なマイナス要因が積み重なっていく状態のことです。酸素カプセルの使用により血中酸素濃度をアップさせることで、脳内にも酸素の供給が増え、脈拍が少なくなります。これは自律神経が落ち着くことで、質の良い睡眠をとれる体の状態になることを示しています。また、酸素カプセルを使用して、効率よく酸素を摂取しながら眠ると、約2時間の使用で5時間の睡眠と同様の休息・リラックス効果があると言われています。

ダイエット

糖分や脂肪を燃焼させる脂肪分解酵素のリパーゼが活動するためには、十分な酸素が必要です。酸素を身体に取り込むことで、新陳代謝をアップさせ、脂肪燃焼を促進し、普段の基礎代謝が高まります。

また、体内の脂肪量には脳内の物質も関係してきます。脳に酸素を大量に取り込むことで、身体の脂肪量を調節する脳内物質のレプチンが増えてくるといわれています。このレプチンが正しく働くことで、余分な脂肪を溜め込まないように脳が身体に指令を出してくれます。そうすることで、太りにくい体質を作ることにもつながるのです。

乳酸の分解

疲れは筋肉に乳酸が溜まっていくと感じます。肩のコリや身体のだるさも乳酸の仕業。

酸素はこの乳酸を炭酸ガスと水に分解して体外へ排出します。

プロ野球チームやサッカーチームなどが酸素カプセルを導入しているのは、この効果を狙ってのことが多いのです。

ケガの回復

サッカーイングランド代表のベッカム選手が、ワールドカップ直前に骨折をした後、驚異的な回復を見せました。この時ベッカム選手が使ったといわれるのが高気圧酸素療法です。

酸素カプセルも、ケガの回復には同じような効果があるといわれています。というのも、筋肉や靭帯の損傷や骨折などで傷ついた細胞を再生するには、多くの酸素を必要とするからです。常に体内の酸素を十分に満たす事により、ケガをしにくい身体をつくります。

記憶力の向上

脳の重量は体重の2%ですが、1回の呼吸で摂取する酸素の4分の1を脳が消費しています。

体内に酸素が十分に供給されると、脳は活発に働いているα波を出している状態になり、この状態は集中力や記憶力が高まっている事を示します。

健康肌へのサポート

肌の健康は、古い角質が新しい細胞によって押し上げられ、はがれ落ちる事で保たれます。

酸素カプセルで細胞に届けられる溶解型酸素は、サイズがとても小さく毛細血管まで通りやすいため、皮膚細胞の隅々まで行き渡ります。それにより新陳代謝も活発になるため、皮膚の再生サイクルが正しく整えられる事で美肌効果が期待できます。

高気圧・高濃度酸素がもたらす酸素BOX(カプセル)

の実力

体内には2種類の酸素があります。それは【結合型酸素】と【溶解型酸素】です。結合型酸素はその名の通り、血液中のヘモグロビンと結びつく酸素です。

そして体内酸素の99%が結合型酸素なのですが、ヘモグロビンと結合している為にヘモグロビンの量を超えて運ばれることはありません。全身の血管の90%は毛細血管ですが、結合型酸素は分子量が大きく毛細血管を通りにくいという特徴があります。 

一方、溶解型酸素はヘモグロビンの量には依存しません。また分子が小さいので血液、体液に直接溶け込み毛細血管を通りやすいのです。つまり溶解型酸素を体内に多く取り入れることが大切なのですが、溶解型酸素は通常の呼吸だけでは非常に少なく、酸素吸入だけでは増えません。

酸素BOX(カプセル)なら体内の溶解型酸素を増やせます!

「体と気圧」は関係が深く、気圧は体調に大きく影響を与えます。

酸素BOX(カプセル)はヘンリーの法則に基づき、極めて理論的な形で体内の溶解型酸素を増やします。ヘンリーの法則とは【気体が液体に溶解する量は、その気体の分圧に比例する】という理論です。酸素カプセルは最大1.3気圧の高気圧環境を生み出し、MAX50%の高濃度酸素を吸入することが出来ます。


※次に当てはまる方は、酸素ボックスの使用を控えましょう。

 妊娠中、あるいは可能性がある人 糖尿病などでインシュリンを投与している人 ペースメーカーなど、人工の臓器が体内にある人 パニック障害や閉所恐怖症の人 アレルギー体質、アトピー性皮膚炎の人 高血圧の持病がある人 開胸手術や自然気胸にかかったことがある人